社長ブログ トップ

ネットワーク技術者として アーカイブ

2015.05.23

au 電波サポート24というサービスがあるのをご存知でしょうか?

会社で使用しているフィーチャーフォン(通話用)が、なんと自宅のマンションで、電波の入りが悪く、通話中にしょっちゅう切れたりして、かなり困っておりました。

で、この電波サポートに相談したところ、自宅まで調査員の人が来てくれました。

調査結果は、

  • マンションは入口が入り組んでいることが多く電波が入りにくい
  • 高層階になるほど、今度は周囲の建物の障害物が少なく、数多くの弱い電波をキャッチしてしまうため携帯電話がどの電波を使うべきかうまく選択できない

ということでした。1つ目の方はそうだろうと思ってましたが、2つ目は意外でした。

で、解決法。たまたま自宅のインターネットがauひかりを使っていたのが幸いしました!

au フェムトセル(3G)

この機械を設置するだけで、小さい基地局が家の中にできるみたいで、それはもう安定通話し放題状態です(笑)

いまスマホの4G世代の方々は、VoLTEがあるので、無縁かもしれませんが、まだガラケーをお使いで困っている人がいたら、是非活用してみてはいかがでしょうか?ちなみに、このサービスは無料です(^^)

2010.08.09

CCNA更新試験、本日合格しました!

3年毎に更新、もしくは上位資格を取るかしないといけないCiscoの資格。
ここ最近の週末は、ずっとこればっかり勉強していました。

私、昔から物覚え良くない方なんですね。
どちらかというと、現場で体で学習してきた方なので、座学は苦手です。

今回、実は1回落ちて凹みました。
1000点満点中、825点合格ラインで、1回目804点。2回目(今回)930点でした。

ふぅ~、やれやれです。

社員の技術メンバーは、私の資格よりも上のレベルのものをガンガン合格しているので、頼もしく思います。

さて、私は、次はPMP資格取得を頑張ります!

2010.06.24

Cisco CCNA資格の更新時期が来てしまいました。

現在、夜と土日の時間を少しずつ割り当てて勉強進めています。

CCNAネットワークエンジニアの資格で、一番基礎的な資格になります。
持っていると、一応ネットワークに関する会話(打ち合わせ)ができるね。とお客様に思って頂けます。

営業でも、技術でも必要な資格です。

この資格は、一度合格しても有効期間があり、再受験しないと2年で有効期限切れになります。

社員もだいぶ増えてきたので、現場作業からはやや離れつつありますが、資格取得を推進している会社なので、やはりトップが資格取得に対して積極的でないといけません。

CCNA、PMP、簿記、中小企業診断士、ITサービスマネージャetc 取りたい資格はいろいろありますが、資格だけでも飯は食えないので、経営とバランス良くやっていきます。

2010.03.22

学生の頃、夢を描いていた分散ファイルシステムが、身近に使える環境としてもう実用段階に来ていました。

Hadoop
http://ja.wikipedia.org/wiki/Hadoop

インターネットが流行りだし、回線は安価で高速化され、HDDの容量はどんどん増えて来た1999年頃、

  • インターネット回線は高速なのに通信するものが無い
  • HDD容量が余りまくっている

という各家庭の余った資源で、何か大きなこと出来るんではないかと考えていたことを思い出しました。

実際には、考えていたものの使えそうな分野が見いだせず、

SETI@home (地球外知的生命体を探索するプロジェクト)

に参加して、CPU資源を提供するくらいしか出来ませんでした。

いま、Hadoopという分散ファイルシステムのフレームワークを目の前にして、簡単に分散ファイルシステムが構築できるとなった時に、活用する方法を考えてみるのですが、

  • 全文検索システム
  • ネット上のブログデータを収集・解析してマーケティング情報を生成
  • 大量のアクセスログの解析
  • 安価な大容量ストレージの構築

これくらいしか思いつかないです...まぁ、誰でも思いつく内容ですね。

もっとニッチなところを攻めたいと、頭をひねっています。
Hadoopの情報を見たときに、技術者としての心がうずきました。

これ使って何かしたいなぁ。

2008.12.10

最近、シスコシステムズが買収したWebExというWeb会議システムを検証しています。 

ASP型でサービスが提供されているので、サーバ構築などは一切不要。

ブラウザでアクセスしてログインするだけで、ビデオ会議が始められます。

081210_photo1.jpg 081210_photo2.jpg

ブロードバンド回線の場合はサクサク動きましたが、イーモバイルやauの通信カードだとちょっと動画は厳しいようです。

設定値で回避できないかこれから検証していきます。 

 

2007.11.05

シスコシステムズ社主催のNetworkers2007に来ています。
http://www.cmarket.jp/networkers2007/index.html

今年は、お台場のホテル日航東京にて開催されています。

最新のネットワーク製品にさわることができて、技術者の心が揺さぶられます。

下の写真は、シスコ製品のデモを見ることができる「トラック」の車内です。

SN370088.JPG

IP電話がメインで展示されていました。製品の展示だけでなくて、ちゃんと動作します。 

うーん、ここにある機材だけで何千万円相当...うらやましい...

  SN370089.JPG

本当に「トラック」なんです。ちゃんと運転席もあります!

ハンドルには、フォードのロゴマークが!なんでもフォードのキャンピングカーを改造して作ったらしいです。

Networkersは、実機での実演を交えたセミナーになっていて、すごく勉強になります。

今回得た情報を元に、より良い提案ができるように頑張ります!

2007.08.31

つい先日、私の母校でもある名古屋工業大学に訪問する機会がありまして、
そのついでに、今年刷新されたばかりの新基幹システムを拝見することができました!!

全学生、全教員、全事務員すべての人が、身分証兼用のICカードを持っていて、
それを用いてアクセスします。

ほとんどすべてのシステムがシングルサインオンできるようになっていて、感動しました。

休講情報も、いまはすべてWebで確認する時代なんですね。
毎日現地の掲示板の張り出しを確認していた時代が懐かしいです...

そして、気前のよい恩師の教授が、実際のサーバルームを特別に見せてくれました!!

富士通製のブレードサーバでCPUボード40枚。単体サーバが20台。計60台が稼働していました。

そして、すべてが2重化されていて、サービス停止しない仕組みになっているそうです。

ネットワーク機器もすごい機器が入ってました。

Citrix社 NetScaler
http://www.citrix.co.jp/products/cns.html

冗長構成で4台入っていました...推定○千万円。

管理画面がかっこよかったなぁ~

ネットワーク機器のLEDがランダムに激しく点滅してるとそれだけで、
なんだかワクワクしてしまう自分がいました。

2007.03.27

NEC製のブレードシステム(SIGMABLADE)の勉強会に行ってきました。

ブレードシステムとは、1つの筐体(大きな箱)に複数のサーバマシンをモジュール式で追加できるシステムのことです。

よくCMなどで、配線がぐちゃぐちゃになっているサーバ群を、ブレードにすることですっきりできます!とやっていますが、あれです。

ブレードシステムはかなりお高いイメージがあったのですが、
今回NECが新たに投入してきた、「簡単導入ブレード」は64万円~で構成組みできます。

それでも通常のサーバよりは高いので、トータル的なコストメリットが出てくるのは、サーバ台数が10台以上あって管理が大変だと感じているお客様などが対象となります。

ブレードシステム導入のメリット、デメリット

メリット

  • 設置場所を節約できる
  • LANケーブルの配線をすっきりできる
  • 複数サーバを集中管理できる
  • 予備CPUモジュールを用意しておくことで、復旧までの時間を短縮できる

デメリット

  • 普通にサーバを買うより高い
  • 電力消費量がでかい(電源工事や巨大なUPSが必要)
  • 動作音(ファン、HDD)がかなり大きい

データセンタに大量にサーバをいれる必要がある案件などでは非常に魅力あるソリューションに感じました。
あとは、もう少し普及して価格が安くなってこれば魅力を感じてくれるユーザーさんも増えてくると思いました。

2007.02.15

弊社の経営理念には「3つの"とも"」というものがあります。

その中の1番目の”とも”は、「お客様と共に」です。

お客様と共に・・・ 

"共" 私たちは、事業活動を通してお客様と新しい価値を共創できる
    
パートナーでありたいと考えています。

昨日は、 足掛け4ヶ月で提案・導入してきた案件があり、それの成果が出た瞬間でした。

4ヶ月前、ネットショップを独自で運営されている方から、最近サーバの調子が悪いという相談がありました。
よくよく話をお伺いすると、最近会員数が増えてきていて、サーバが混みあう時間帯になると、ページが表示できない状態になってしまうとのこと。

弊社では、ネットワーク機器でRadware社のAppDirectorという負荷分散装置で過去に導入実績があり、今回はネットワーク側からのアプローチでお客様の悩みを解決できると考えました。

しかし、このネットワーク機器、数百万円する機器で、そのお客様にとっては大きな投資でした。
導入に失敗することは許されません。

念には念を重ねて検証をしてきましたが、それでも最終的には、実際に本番環境で効果がでるかが一番重要なところになってきます。

そして、昨日このネットワーク機器を導入してからの初めてのショップオープンがあり、効果が出たことが認められました!

「やった!お客様のお役に立てたぞ!自分たちの提案は間違ってなかった。やってよかったという安堵感と満足感でいっぱいでした」

写真は、一緒に協力していただいている会社の技術の方と、弊社の技術とで協力して作業に当たっている写真です。他の会社とコラボレーションして仕事することも弊社の経営理念の「お客様と共に」に通じています。

まだまだそのお客様の悩みは山積みで、今回の件で1つ解決したにすぎません。

これからも継続してお客様と共に成長していけるように頑張っていきます!

2007.01.20

社内でのFTサーバの検証風景です。

FTサーバとは、昨日のブログにも書きましたが、壊れても止まらないサーバのことです。

実際に、サーバが起動している状態で、ガンガンCPUモジュールを抜き差ししても
正常に動作し続けることが確認できました。

にしても、機器がすごく重いので、一人では移動させる事も出来ません。

大体設置するのには大人3人は必要です。
気合入れすぎて無理をすると、自分の腰の方が壊れてしまいそうです(汗

2007.01.18

会社に出社すると、受付になにやらロボットらしきものが置いてありました。

よくよく目を凝らしてみてみると、「Express 5800」と書いてあります。

ft_LEGO.jpg

写真では分からないかもしれないですが、5cmくらいの小さいレゴブロックみたいなやつです。
うちの会社のSEのI氏が設置した模様。

Express 5800というのは、NEC製のサーバ主力製品のシリーズ名である。

実は最近、

Express 5800/ftサーバ セールス・サポート プログラム
http://www.express.nec.co.jp/products/ft/nintei/index.html

の認定を受けました。そうしたら、メーカーから販促用に(?)送られてきたものでした。

ありがたく飾らせて頂いています。

そして、ここ数日間、会社でftサーバの実機検証中です!

ftサーバとは、フォールト・トレラントサーバの略で、止まらないサーバを意味します。

普通のサーバやパソコンだったら、壊れたら 止まります!当たり前ですが。

ftサーバは、壊れてもCPU、メモリ、I/Oバスまで完全に2重化されているので、
どこか壊れても止まりません!!

これが凄いところです。金融系など、業務が数分でも止まると大損害を被るような箇所に最適です。
もちろん、普通の会社の基幹サーバとして使うのもOKです。 

これまたデカイ筐体なので、また明日写真付きでレポートいたします。
乞うご期待!

2007.01.17

あなたのパソコンはウィルス対策していますか? 

自分たちIT業界に身を置くものとして、いまや自分のパソコンにアンチウィルスソフトをインストールしておくのは、当たり前のことになっています。お金は掛かりますが毎年毎年更新してます。

逆に、インストールしてないパソコンは怖くて使えません。

一度ウィルス感染したひとなら分かるのですが、ウィルスに感染すると、

  • どんどん他のファイルに感染する
  • 勝手に自分のアドレス帳を使ってスパムメール・ウィルスメールを送信する
  • 勝手にパソコンがシャットダウンする
  • パスワード情報が盗まれる
  • パソコンを復旧させるにはOSを再インストールしなければいけない

などあり、大変な苦労をするものです。

しかし、感染したことのない人もまだまだ多く、そういった人たちはウィルス対策を全くしていなかったりします。
最近、うちの会社に

「ウィルス感染して大変な目にあったので、対策を検討したい」

という問い合わせを多く受けます。

パソコン1台だけの対策だったら簡単です。パソコンショップで、

  • トレンドマイクロ ウィルスバスター
  • シマンテック ノートンアンチウィルス

などを買ってきてインストールするだけです。

しかし、企業においては何十台とあるPCを管理していく必要があります。

ウィルス対策を個人任せにすると、

  • ウィルスのパターンファイルが古いままで更新されていない
  • 保護機能を勝手にオフにして使ってしまっている
  • そもそもインストールしていない
  • 使い方が分かってなくて設定が間違っている

などの問題が多々発生します。
できれば、会社のコンピュータ管理者が一元管理してあげて、一般の人はウィルス対策を
それほど意識せずに普通に仕事が出来ることを望んでいると思います。

そんなときに威力を発揮するソリューションがあります。

数多くアンチウィルスソフトを試してきましたが、いまの一押しはこれです。

McAfee Managed Total Protection
全自動統合セキュリティサービス
http://www.mcafee.com/japan/products/mtp/mtp.asp

特徴としては、

  • 動作環境がWorkstation(パソコン)とServerと両方サポートしており、
    サーバにインストールする場合もクライアントPC1台と同じライセンス費用でいける
  • 社内のパソコンすべてのウィルス対策をブラウザを使って一元管理できる
    パターンファイルの適用状況、インストール状況など
  • 運用するためにサーバを構築する必要が無い!

3番目は特に重要です。

サーバを社内で運用するのはなかなか大変なものです。

ブラウザでMcAfeeの管理者ページにログインして、社内PCを管理します。
15日間の無料トライアルがホームページからダウンロードできますので、
もし興味のある方は試されてはどうでしょうか。

2006.03.11

泣ける事件が発生しました。

NTTのデータセンタで深夜に一人作業中...

ICカードで入室したものの、中に閉じ込められてしまいました(;_;

作業が終わって、さぁて帰ろうと、扉のICカードリーダーに
ICカードをかざすも「エラー」の表示が...

何度やってもダメで、このまま朝まで中で過ごすのかー??

とか思ってしまいました。
のどはカラカラ、体力も限界に近づいてきました...

データセンタの中で倒れたら、きっとニュースになっちゃうんだろとなぁとか
考えながら、守衛室に携帯電話で電話して助けてもらいました(汗

あー死ぬかと思いました

2004.12.10

シスコ ネットワークカンファレンス2日目

IPv6のワークショップに参加しました。

IPv6を初めて実際の機器に設定して動くところを見ました!

IPv6はいろいろすごい機能が実装されていてなかなか良いです。

IPv4で、アドレスが足りないと騒がれたり、クラスAのネットワークを返却してもらったから、アドレス枯渇しなくなったとかいろいろな噂はありますが、IPv6は間違いなく来る予感がしました。

いまからどんどんIPv6もいじっておかないといけないと感じました。

2004.12.08

久々に東京に来ました。しかも今回は3連泊です。

目的は、これを受講するためです。
http://www.cmarket.jp/networkers2004/

朝10時から夜の9時までみっちり勉強します。

今回、英語の講座が半分くらいあるのですが、 最初受講して驚きました。
一応、同時通訳でヘッドフォンセットを渡されるのですが、ほとんどの人がヘッドフォンをつけずに生の英語で理解している...
ネットワーク技術者らしき人から、どこかの会社の重役じゃないかと思われる白髪のおじいさんまで、ネイティブな英語を聞いてフンフンとうなずいているではないですか!!
しかも、内容も高度なのに...

僕も日常英会話にはそれほど困らないですが、 もっと英語を鍛えないとだめだなぁと痛感してしまいました。

あと、お腹減りました。
講座の間の休憩時間がそれぞれ10分しかなくて、
夜の9時までなにも食べられましぇん。
他の人はどうしてるんでしょう。

About ネットワーク技術者として

ブログ「平野智裕のブログ 株式会社コネクティボ 代表取締役社長」のカテゴリ「ネットワーク技術者として」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは名言集です。

次のカテゴリは気になった出来事です。

他にも多くのエントリーがあります。社長ブログ トップページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34