« livedoorブログから Movable Typeへ | 社長ブログ トップ | 会社の玄関に奇妙なものが »

2007.01.17

企業向けウィルス対策

あなたのパソコンはウィルス対策していますか? 

自分たちIT業界に身を置くものとして、いまや自分のパソコンにアンチウィルスソフトをインストールしておくのは、当たり前のことになっています。お金は掛かりますが毎年毎年更新してます。

逆に、インストールしてないパソコンは怖くて使えません。

一度ウィルス感染したひとなら分かるのですが、ウィルスに感染すると、

  • どんどん他のファイルに感染する
  • 勝手に自分のアドレス帳を使ってスパムメール・ウィルスメールを送信する
  • 勝手にパソコンがシャットダウンする
  • パスワード情報が盗まれる
  • パソコンを復旧させるにはOSを再インストールしなければいけない

などあり、大変な苦労をするものです。

しかし、感染したことのない人もまだまだ多く、そういった人たちはウィルス対策を全くしていなかったりします。
最近、うちの会社に

「ウィルス感染して大変な目にあったので、対策を検討したい」

という問い合わせを多く受けます。

パソコン1台だけの対策だったら簡単です。パソコンショップで、

  • トレンドマイクロ ウィルスバスター
  • シマンテック ノートンアンチウィルス

などを買ってきてインストールするだけです。

しかし、企業においては何十台とあるPCを管理していく必要があります。

ウィルス対策を個人任せにすると、

  • ウィルスのパターンファイルが古いままで更新されていない
  • 保護機能を勝手にオフにして使ってしまっている
  • そもそもインストールしていない
  • 使い方が分かってなくて設定が間違っている

などの問題が多々発生します。
できれば、会社のコンピュータ管理者が一元管理してあげて、一般の人はウィルス対策を
それほど意識せずに普通に仕事が出来ることを望んでいると思います。

そんなときに威力を発揮するソリューションがあります。

数多くアンチウィルスソフトを試してきましたが、いまの一押しはこれです。

McAfee Managed Total Protection
全自動統合セキュリティサービス
http://www.mcafee.com/japan/products/mtp/mtp.asp

特徴としては、

  • 動作環境がWorkstation(パソコン)とServerと両方サポートしており、
    サーバにインストールする場合もクライアントPC1台と同じライセンス費用でいける
  • 社内のパソコンすべてのウィルス対策をブラウザを使って一元管理できる
    パターンファイルの適用状況、インストール状況など
  • 運用するためにサーバを構築する必要が無い!

3番目は特に重要です。

サーバを社内で運用するのはなかなか大変なものです。

ブラウザでMcAfeeの管理者ページにログインして、社内PCを管理します。
15日間の無料トライアルがホームページからダウンロードできますので、
もし興味のある方は試されてはどうでしょうか。

About

2007年01月17日 23:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「livedoorブログから Movable Typeへ」です。

次の投稿は「会社の玄関に奇妙なものが」です。

他にも多くのエントリーがあります。社長ブログ トップページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34