« CSS Nite | 社長ブログ トップ | ご縁というもの »

2007.03.14

全日空 飛行機胴体着陸

ここしばらく仕事が忙しくてテレビをまったく見ていなかったのですが、久々にテレビでニュースを見ました。

そうしたら!全日空の旅客機で、着陸の際に前輪が出ずに、胴体着陸している映像が目に入ってきました!!

パイロット志望だった私には衝撃的な映像でした。

機長はどんな気持ちで胴体着陸を決断したんだろうと考えてしまいました。

乗客の話では、「機長の対応がものすごく冷静だったので安心できた」と言ってました。

これは、日ごろからあらゆる事故を想定して訓練されている賜物以外のなにものでもありません。

  • 日ごろから起こりえると想定していること 
  • 何回も訓練されていること

そういった事柄に対しては、実際に事態が発生した場合に冷静にすばやく対応できるのです。

経営にも同じことが言えると思います。

「想定の範囲内」 という言葉が流行った時期がありましたが、まさにそういうことです。

織り込み済みということは、経営をしていく中で非常に重要で、自分で舵を取ることができる状態なのです。

逆に、「想定の範囲外」の事態が発生したらどうなるでしょう。

コントロール不能で、できる限りのことをするしかなく、成り行き任せになってしまいます。

経営者は、この「想定の範囲」というものをいかに広げておけるかが、いざというときに慌てふためくことなく冷静にリーダーシップを発揮できる鍵になるのではないかと思いました。

コメント (1)

しばちゃん:

パイロット志望だったんだね、知らなかった。

中学の同級生で、車の運転も下手な奴が、突然大学を中退し、
「パイロットになる!」
といいだして、しばらくたって、ちゃんとパイロットになったのがいます。
すごいねパイロット!っと、話を聞くと。
勤務時間はメチャクチャで、国際線なので時間も長い。
いろいろ外国にただで行けるのはいいが、それは最初だけ。
パリに行く便では、夕方ついて、翌々日の早朝のフライトで帰る。
中一日、観光が出来ると思ったのは最初だけ、今では苦痛で、
ホテルでネットばかりしてるそうです・・・

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




About

2007年03月14日 01:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CSS Nite」です。

次の投稿は「ご縁というもの」です。

他にも多くのエントリーがあります。社長ブログ トップページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34