« データのバックアップとってますか? | 社長ブログ トップ | 「21世紀を勝ち抜くための企業変革」に関する考察 »

2007.01.10

「すべてのことにはワケがある。」

・大学時代、パイロットを志したが、それが叶うことはなかった...
  最近、飛行機に乗ると、上昇下降の気圧の変化で頭が痛くなるのです。
  きっと、体質がそうなんだと思います。
  いま社長業をしていて、これが自分の進む道だったんだと思っています!

・高校、大学時代と本当に女性にもてなくってこのままどうなっちゃうんだろうと思った...
  いま彼女が出来て、婚約まで至った。もてない思い出ばかりだったので、いまの彼女を
  本当に大切に思う。そして、学生時代は学業に専念しなさいとの神の思し召しだったように思う。

残念だったことや、叶わなかった出来事の後には、

「すべてのことにはワケがある。」

と考え、

「今日叶わなかったことは
 明日のために残されているのかもしれない」

と思うようにしています。

「すべてのことにはワケがある」

皆さんも辛い出来事があったときには、そんな風に考えてみてはどうでしょうか?

 

コメント (2)

KODERAN:


だね!


大変なこと、辛いこと、
僕にもこれまで本当にいろいろあったけど、
今、こうして、僕はここにいる。

でも、これから、これから(笑)

正直、全てに「訳がある」かどうかまではわかんないけど、
反省することはあっても、後悔だけはしないように。
そう、思わないとね!

とも:

KODERANさん

いつもコメントありがとうございます!
「反省することはあっても、後悔だけはしないように」
というお言葉ありがたく頂きます。

後悔しない人生にするため、思い切っていきます!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




About

2007年01月10日 23:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「データのバックアップとってますか?」です。

次の投稿は「「21世紀を勝ち抜くための企業変革」に関する考察」です。

他にも多くのエントリーがあります。社長ブログ トップページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34